七つの大罪/シャスティフォルを作る/Seven deadly sins/How to make Chastiefol with cardboard.

人と人ならざるものが分かたれた現代。ダンボールあるところに工作あり。工作あるところにダンボールありーーー
こんにちは。ダンボール騎士団団長・つくるさんです。
(ちなみに団員は僕一人です)
アニメ【七つの大罪】より、怠惰の罪キングの神器【霊槍シャスティフォル】をダンボールで作ります。

僕は魔力を持たない凡人なので、糸で吊って霊槍シャスティフォルを浮かせるという卑怯な手を使います。ナイス卑怯!

手品のダンシング・ケーン(Flow Wand)の仕掛けを応用しました。
練習次第で本当に~飛び回る蜂【バンブルビー】~のように操ることができるかも??

今回はギミック無しの造形だけなので、作るのは超・カンタンです。
コスプレのネタにいかがでしょう?

材料はダンボールと紙管とアイスの棒です。
糸は「透明ミシン糸」を使いました。(ダイソーなど100均で売ってます)
糸は背景や衣装に合わせて選んでください。
明るい背景なら透明や白色、暗い背景なら黒などダーク系が良いそうです。
(マジック用の吊糸も売っていますが、高額なので、ミシン糸で充分だと思います)

工作のポイントはズバリ「軽く作ること」
重くすると糸が切れやすくなったり、手指が痛くなります。
糸で吊るときには、手袋の着用をおすすめします。
素手ですと、糸が皮膚に食い込んで見えてしまいますし、手を切ってしまう恐れがあります。
コスプレで使用する際には肌色に合わせたストッキング生地を手に巻くと良いでしょう。

この動画では重心の釣り合うポイントで糸を付けていますが、お好みで重心を変えることで動きに変化が出るかもしれません。輪ゴムを追加するなどして重さを調整してみてください。

うまく槍を操るにはちょっと慣れが必要です。
「ダンシング・ケーン」や「Flow Wand」のキーワードで検索すると、参考動画を見ることができます。